壷屋だより

北の菓子舗「壺屋総本店」のご案内です

■壺屋だよりについてのご案内
■壺屋総本店 店舗一覧

★公式SNS★
き花の杜LINE  ID@kibana
き花の杜facebook https://www.facebook.com/kibananomori/
き花の杜 CAFE文欒Instagram https://www.instagram.com/cafebunran/

※以前のブログでいただいたコメントは表示されておりません。申し訳ございません。

今更ですが、き花について

壺屋総本店には「き花」という名前のお菓子がありますが「きばな」と読みます。

1982年の発売から今年で36年目になりますので、旭川市民の皆様にはお馴染みになっている…と信じています!!

 

ダイヤモンドダストをご存じでしょうか?

冬の寒い日に見られるキラキラしてるアレです。

基本的にはマイナス10℃以下の天気が良い日、空中に舞っている氷の結晶が太陽の光でキラキラと輝いて見える現象ですね。

旭川では冬になると結構見られる現象なので、昔は全国の人が知っているものだと思っていました。

でも、マイナス10℃です。結構寒いです。

東京の方から「結構じゃなくて死ぬほど寒い!」と言われました。

いいえ、死にません。大丈夫です(笑)

だから是非見に来てくださいね~♪

 

話が逸れました…

 

き花という名前の由来は、ダイヤモンドダストを「霧華(きばな)」と詠んだ齋藤瀏さんの歌にちなんでいます。

詳しくは下記ページをご覧ください。

霧華物語「壺屋総本店オンラインショップ」

 

き花は「手間がかかっても徹底的にうまいお菓子を作ろう」というコンセプトで1982年に作られました。

いわゆるクッキーの部分をガレットと呼んでいますが、ガレットはほぼ「アーモンド」で作っています。

き花はアーモンドのお菓子と覚えてください♪

 

サンドしているホワイトチョコレートは「クーベルチュール」というチョコの中では最高品質の、口解けがよいチョコレートなのです。

※ミルクチョコではないのです~

 

また余談ですが、現在販売されているチョコレートは4種類あります。

ビターチョコ、ミルクチョコ、ホワイトチョコ、そして近年登場したブロンドチョコです。

 

まとめると、き花はアーモンドガレットで最高品質のホワイトチョコをサンドしたお菓子、ということですね。

 

先日開催された「旭川冬まつり」に来られたブルゾンちえみさんが、ツイッターにき花美味しかったと書いておられました。

ありがとうございます~(*^▽^*)

 

これからも変わらぬ美味しさをお届けできるよう頑張ります★